ジム通いを始めたきっかけ(東将治)

こんにちは!東です。


自分語りシリーズ、今回は僕がジム通いを始めたきっかけをまず書こうと思います。


柔道部に入部したあとは前回書いた通り、時々体育館でトレーニングしたりもしつつ、主に柔道部の部室で筋トレをしていました。家にも設備はあるので時々はしていました。


高校一年生の冬のある日、学校の食堂で一人でご飯を食べていると、見知らぬ二年生の先輩が僕に声をかけてきてくれたのですが、その内容が「ゴールドジムのタダ券があるんだけど一緒に行かない?」との誘いでした。


その先輩は福岡の天神にあるゴールドジムに通っており、年末年始に届くハガキにゴールドジムの利用無料券が付いていたらしく、僕が筋トレを好きなことを知っていたみたいで、わざわざ声をかけてくれたみたいです。

ちなみにその先輩もめちゃくちゃデカかったです笑


その当時、僕はゴールドジムというものは海外にしかないものだと思っていたので、天神にあると聞いてとても驚いたし、二つ返事で行くことを決めてその先輩と一緒にジムに行くことにしました。

初めてゴールドジムに足を運んだ時は、それはそれはとても興奮しました。今でも行ったことのないジムに初めて訪れるときは興奮するんですけどね笑


ハンマーストレングスと呼ばれるブランドのチェストプレスのマシンを見て、「これショーンレイがトレーニングしてたやつやん!」って心の中で叫んでいました(ショーンレイの写真は↓に貼っておきます笑)


2〜3ヶ月の間は時々ビジターで行ってたのですが、高校二年生になるあたりに入会し、さらに本格的に筋トレをするようになりました。


今までの短い人生を振り返ると、僕はいつも少し歳上の先輩方に何かしらキッカケをもらっていたような気がします。

その先輩からはサプリメントの知識なども教えてもらったり、公務員になる上で勉強のアドバイスをいつももらっていました。今でもまだ少し繋がりがあります。


これが僕がジム通いを始めたきっかけです。次回こそ!次回こそボディビル大会に出場したきっかけを書きます!!!!!

この長い自分語りにお付き合いください🙇‍♂️