スミスマシンについて

 


こんにちは、東です。

今回はスミスマシンについて書いていこうと思います。

前回のブログである、【バーベル、ダンベルについて】の内容が出てくるので、

読まれてない方は先にそちらを読んでいただいた方が、より理解できると思います。


まずスミスマシンについてですが、スミスマシンをわかりやすく簡潔に説明すると、「バーベルの動きが固定されたマシン」になります。

バーベルはフリーウェイトなので、動作の最中にバランスをとる必要がありますが、

スミスマシンはあらかじめ軌道が固定されているので、バランスをとる必要がなく、レールに沿って動かすだけでトレーニングを行うことができます。

初心者のうちはバーベルを支えるだけでも精一杯の方もいらっしゃると思うので、

まず安全に動作を覚えるためにも、スミスマシンから初めてみることもオススメします。


一口にスミスマシンといっても、マシンの作りによって使い方や効き方が変わってきます。大きく分けて5種類ほど違いがあり、

軌道が垂直のもの
軌道が斜めになっているもの
軌道が垂直で、カウンターウェイトが付いているもの
軌道が斜めで、カウンターウェイトが付いているもの
軌道が垂直で、前後運動もするもの

があります。

今回カウンターウェイトについては説明を省かせていただきます。

気になる人は調べてみてね!


軌道が斜めになっているものはスーパースミスマシンとも呼ばれ、

トレーニングジムレモンに置かれているものは、カウンターウェイトのないスーパースミスマシンになります。


垂直のスミスマシンと違って斜めに軌道が固定されているので、バーベルとはまた違った動作を行うことができ、

フリーウェイト以上に安定してトレーニングを行うことができます。

ブルガリアンスクワットなどは、バーベルやダンベルを用いるよりも、スミスマシンを用いることをオススメします。

より安全に安定して重量を扱うことができます。


ぜひ今後のトレーニングにスミスマシンを活かしてくださいね!