ダイエットの基本 消費カロリー

 

最近はちょっと選手向けの投稿が続きましたが、

選手にも指導できるというだけで、

基本的にはこのブログでは

初心者の方向けの情報をお届けしていきます!

 

ということで、

ダイエットについての投稿です!

今回はカロリーの計算方法について書いていきます。

 

繰り返しになりますが、

ダイエットのためには消費カロリーが摂取カロリーを

上回らないといけません。

 

どうやって上回ったか判断するかというと、計算するしかないです。

何となくでもできるんですが、計算方法を知っておくと、

ダイエットがうまくいきやすいです。

 

今回は消費カロリーの計算方法を紹介していきます。

 

消費カロリーを計算するのに、まずは、基礎代謝というものを

知らないといけません。

 

基礎代謝というのは、人間が何もしていない状態で消費するカロリーのことです。

何もしていないというのは歩きも、デスクワークすらしてない状態です。

寝たままの状態です。

 

その基礎代謝の計算方法がいろいろあるのですが、

一般的によく使われている計算方法で出していきます。

基礎代謝=除脂肪体重×30

となります。

除脂肪体重とは、文字のとおりですが、体重から脂肪を除いた重さのことです。

 

例えば体重75kg体脂肪率15%の人だと、

基礎代謝は、まず除脂肪体重を求めていきいます。

75kg-(75kg×0.15)=63.75kg

そして除脂肪体重に30をかけます。

63.75kg×301912 kcal(小数点以下切り捨て)

ということになります。

 

実際、人は全く寝たきりという日は少ないと思います。

何かしら活動しているので、基礎代謝に更に掛け算をして

実際に消費するカロリーを求めていきます。

 

運動をする場合と、しない場合で消費するカロリーが変わってきます。

 

運動をしない場合は×1.3をします。

先ほど例でいくと、1912×1.32485kcal(小数点以下切り捨て)

となります。

 

運動をする場合は×1.9をします。

1912×1.93632kcal(小数点以下切り捨て)

となります。

 

ご自身の数字を当てはめて計算してみてください。

 

これより摂取カロリーが下回れば痩せます。

摂取カロリーの説明は長くなるのでまた次回にしますが、

摂取カロリーをどれくらいにすればいいかを説明します。

 

健康的に体重を落とすには、1ヶ月で体重の5%程度と言われているので、

先ほどの例の、75kg体脂肪率15%の人だと、

1ヶ月に3.75kgくらいまで健康的に痩せられるはずです。

 

1kgの脂肪を落とすには7200kcal消費しないといけません。

摂取カロリーと消費カロリーの差を

7200kcal分出さないといけないということです。

 

1ヶ月で3.75kgということは

7200kcal×3.75kg27000kcal

ということになります。

 

これを1ヶ月30日として割ると、

1日にマイナスにするべきカロリーが分かってきます。

27000kcal÷30日=900kcal

1日900kcalマイナスになるようにします。

 

例の人で、運動しない日だと

2485kcal900kcal=1585kcal

 

運動する日だと、

3632kcal900kcal=2732kcal

ということになります。

 

ということで、これができれば、理論上は3.75kg痩せられる

ということになります。

 

以上で消費カロリーの計算はできるように

なると思います。

 

除脂肪体重はよっぽど必死にトレーニングをしないかぎり、

なかなか大きくは変わってこないので、

これを覚えておくとずっと使えます。

 

次回、摂取カロリーについて書きます。