トレーニングの5原則

こんにちは、東です。


前回のブログでトレーニングの3原理について書きましたが、今回は5原則について買いていこうと思います。

まず簡潔に5原則とは、

全面性の原則
個別性の原則
意識性の原則
漸進性の原則
反復性の原則

のことを言います。これまた難しそーな名称の連続ですが、実際のところはこれも全然難しくありません!

まず全面性の原則ですが、全身をバランスよく鍛えることが大切ということです。

筋力や体力、柔軟性ももちろんですが、上半身や下半身もバランスよく鍛えるべきです。

ときどき上半身だけ鍛えて下半身は全く鍛えないという方がいらっしゃいます。

絶対にダメというわけではありませんが、身体のバランスのことを考えると、あまりにも差があるのは不自然になってしまいます。

全面性の原則からいえば、頻度は少なくてもいいので、少しは下半身も鍛えたほうがいいのかなと思います。

次に個別性の原則ですが、これは個人個人にあったトレーニングをしましょうということです。

人の身体は身長や体格がみんな違います。

なで肩の人や怒り肩の人、大腿骨が短い人長い人、胴長か足長か...色々な身体があります。

それによって、トレーニングの合う合わないや、やり方等が変わってきます。

自分にあったトレーニングをすることが大切なので、色々やりながら探してみましょう!

意識性の原則は、トレーニングする際の意識でもち方で効果が違ってくるということです。

例えばベンチプレスでは、筋肉を大きくすることが目的なのか、筋力を伸ばすことが目的なのかで、やり方や意識の持ち方は全然変わってきます。

ただ漠然とトレーニングをするのと、目的意識をしっかりともってトレーニングするのは全然違います。

自分の目的を明確にし、それを達成するために必要なことを行うためにも、一つ一つのトレーニングを意識して行うことが必要です!

漸進性の原則は、焦らず長期的な目線でトレーニングをする必要があるということです。

初めのうちは大体全身を週二回で回していくことをレモンジムではオススメしていますが、

いきなり週4〜5回しようとすると、おそらく身体が持ちません。

まずはトレーニングに慣れることを優先し、慣れたら頻度を増やしたり分割したり、そういう段階を踏む必要があります。

筋力も筋肉も体力も、一気につくものではなく少しずつついていくものです。

強度や頻度、時間などを最初から一気に増やしたりせず、少しずつステップアップしていくことが大切です。

最後の反復性の原則は、トレーニングが継続的に行うことで効果が出るということです。

可逆性の原理は辞めてしまうと元に戻ってしまうという原理でしたが、反復性の原則はそれの逆で、続けていくと成長するということです。

一回一回のトレーニングの効果というのは正直ほとんど体感できません。

しかし、何回も何回も繰り返しトレーニングしていくことで、見た目や数字に成果が出てきます。

最初は40kgのベンチプレスが限界だったのに、今は80kgで出来るようになった...最初はガリガリだったけど、少しずつ筋肉がついてきた...

こういった体感は何度もトレーニングを繰り返していくことで得られるものです。

一回一回を大切にトレーニングし、積み重ねていくことが大切になります。

最後に5原則を簡単にまとめると、

バランスよく鍛えよう!
自分にあったトレーニングをしよう!
目的を意識して行おう!
少しずつ段階を踏んでいこう!
継続して頑張っていこう!

ということです。本当にシンプルなことばかりですが、3原理5原則を知っているかいないかで絶対に差がつくと思います。


ぜひこれを意識して、今後のトレーニングに取り組んでみてください!