トレーニングは慎重に行いましょう

 

※昔の書いたものが下書きのままだったので、今更投稿します

 

みなさん、こんにちは

伊藤です。

 

11月16日からジャパンプロ、アマチュアオリンピア観戦(前記事参照)を含め一週間休暇をもらっていました。

一週間もあれば、それはそれは充実した休みになったであろうと皆さん思われるかと思いますが、

全くそうではありませんでした。

 

今回観戦したのはかなり大きな規模の大会なので、サプリメーカーやアパレル、トレーニングマシンメーカーの展示会も同時開催していました。

そこで普段は触ることのない面白いマシンがあったので、はしゃいでアップ無しでそこそこ全力でやっちゃいました。

まぁもうお気づきの方もいるでしょうがここでしっかり怪我をしました。

しかも、16日に。初日ですよ、初日。

 

まさか東京に行って整形外科に行くことになろうとは思ってもいませんでした(笑)

結局筋膜損傷とかいう感じで全治2週間とのことでした。

肉離れに近い感じのやつです。

 

普通に痛いし、歩くときにひょこひょことしか歩けなくなったので、観光なんてできるわけありませんでした。

フリーWi-Fiのあるカフェで映画を観て夜行バスまでの時間をつぶすみたいな感じで東京滞在を終えました。

そのあと友人に会うため大阪にも行ったんですけど、友人の仕事が終わるまではマックでWi-Fi拾って映画を観ました。

「いや、家でできるやんこんなこと。」とは絶対に思わないようにはしていました。

 

楽しい旅行記を書きたかったんですが、トレーニングは慎重に行いましょうという注意喚起文しか書けません。

新しいマシンにはしゃいでいいのは関節の柔らかい10代までです。

トレーニングをする際はアップをしっかりして、マシンの特性を掴んでからハードに行うようにしましょう。

 

楽しく安全なフィットネスライフを!