トレーニングを始めたきっかけ(東将治)

こんにちは!東です!

今回のブログは僕がどうしてトレーニングを始めたのかについて書こうと思います。

僕はもともとは痩せていたんですが、昔から食べることがすごい好きで、小学3年生以降はずっと太っていました。


運動自体は当時からそれなりに好きで、小学生の頃は野球と水泳のクラブに通っていたのですが、その消費カロリーよりもはるかに摂取カロリーが多かったのか、小学生の頃はずっと太ったままでした。

中学に入学した時に剣道部に入部し、2年生になったはじめの頃、3年生の結構厳しめの先輩に「痩せたら剣道の動きが良くなるんじゃない?」と言われ、2012年の5月からダイエットの一環としてトレーニングを始めました。

その当時は身長約170cmに対して体重67kgくらいで、今思えばそんなに太っていたわけじゃないんじゃないかと思うんですが、周りにデブと言われたり、自分自身コンプレックスに感じているところはありました。

全くトレーニングの知識はなく、腕立て伏せや腹筋等の自重トレーニング、廃部になった柔道部からダンベルを家に持ち帰って持ち上げてみたりしていました。

ダイエットも初めての経験で、とりあえず炭水化物をがっつりカットしてみたら、3ヶ月間で-14kgという、中学生としてはすごい結果を出すことができました。

丁度ダイエットしている期間が夏休みと被っていたため、いきなり痩せた僕に対して、周りのクラスメイトや先生は驚いたり、人によっては結構本気で病気なんじゃないかと心配してました笑

この経験から僕は、努力すれば身体は変わるんだなということを学びました。まだ中学2年生なんですけどね笑

今回はこのくらいにしておいて、次回はどうしてボディビルという競技をしようと思ったのかについて書こうと思います!お楽しみに!

 

最後に当時の写真を貼っておきます。