ボディビル大会への出場を決意したきっかけ(東将治)

こんにちは!東です。

前回の続きで、今度は高校生になってから、なぜボディビル大会に出場しようと決めたのかについて話します。いつまで続くんでしょうかこの自分語りは...


高校に入学した後、自分は弓道部に入ろうと思っていました。理由はあまり疲れなさそうだし筋トレと両立出来そうなスポーツだと思ったからです笑

中学生のころは剣道をしていましたが、気持ちはもう完全に筋肉に向いていました。


入学式等が終わったあと、部活動の紹介があり、諸々が終わって部活動の見学に行こうとしたとき、自分が筋トレをしていることを先生たちから聞いていた柔道部の先輩が自分に近づいてきて、僕にこう言いました。


「柔道部にはバーベルがあるぞ」


柔道部に入部することになりました。


遠距離攻撃の弓道からゼロ距離攻撃の柔道に変更することになりました。バーベルの誘惑に負けました。単純な男でした...


部室にはベンチプレスの台とスクワットラックがあり、そこでBIG3を初めてやりました。


BIG3とは!
わからない人がいるかもしれないので説明します!

スクワット
ベンチプレス
デッドリフト

この三種目のトレーニングをBIG3と呼びます!


ちなみに初めてのベンチプレスは余裕をもたせて80kgが2回とかでした。マシンのチェストプレスやダンベルプレスはやり込んでいたので、基礎的な部分はもう出来上がっていたと思います。

だいたい2〜3ヶ月くらいでベンチは100kg上がりました。

そのあとは柔道と並行しながら筋トレを続けて、時々片道1時間自転車を漕いで、ちょっと設備のいい体育館へ行ってみたりもしました。


意外と長くなってしまった...
次のブログでボディビルに出ようと思ったキッカケを書きます!あとゴールドジムに通うことになったキッカケも!

 

高校の時に初めて出たボディビル大会の時の写真です↓